透明ブログ

趣味について語るブログです。

劇場版ポケットモンスター「ルギア爆誕・ピカチュウたんけんたい」感想

f:id:hihimanohuta:20200204175837p:plain

 まず「ルギア爆誕 」の感想から。

 映画の感想はなるべく手短にまとめます!

 

  私が初めて見た劇場版ポケットモンスターは、「ギラティナと氷空の花束シェイミ」です。

  映画館で見たのは、この作品だけでした。

 この映画の前後の作品は、どの媒体でも視聴出来ていません。

 

 なので次にポケモン映画を見るとしたら、王道と名高い「ルギア爆誕」にしようと思い、今年ようやくDVDを借りました。

 

 

 

  映画の感想は箇条書きにします。

 

 ・王道なのに、悪役は意外なタイプ!

 今作の悪役、ジラルダンはあくまで「コレクター」で、利己的ながらも主張自体はただの趣味人という感じだと思います。…最初変態に見えた…

 ストーリーの割に出しゃ張ら無いタイプの悪役、というのが意外でした。

 

 

どこまでも人間臭いなロケット団

 カッコいいことで有名な今作のロケット団。まあイケメンシーンはあったのですが、敢えてその感想はこのブログでは書きませんm(_ _)m

 「救命ボート!」と言いながら、ちゃっかりボートの上に三人仲良く座っていたり、サトシ達を置いていの一番に逃げたりしてて笑えましたヽ(´ー`)

 

その割に目立ちたがりなのが可愛かったです…あとメタ的会話もそんな彼らならではな気がします。

 

 

子供向けに海流の話??

 異常気象に対してのオーキド博士の説明。「全ての生命の誕生の起源をつくった」なんて急に難しめの話に…まあ理科習ってた人ならなんとなくわかるかな?

 

 

Wヒロイン可愛い!

 カスミとフルーラのふたり。カスミが一々「誰が…!」と言うシーンに胸キュン。

 首藤さん脚本独特の雰囲気がこの二人にぴったりです。フルーラが割とイケメンな気がしました。(*^_^*)

 カスミがサトシに接触するフルーラにヤキモチ焼いてるようにしか見えないw

 

 

ヤドキングだなあ……

  浜ちゃんのヤドキング。誰も突っ込まず普通に彼と話してるのが面白い。

  「こまったなあ…」が癖になりますw

 ムサシ「…で、あんた誰?」終始正体不明なヤドキングでしたが、オチに持っていくところが上手い脚本だなと思いました。

 

 

総評

 ストーリーは王道で分かりやすく、独特の世界観も魅力的な作品。

 

 「オレンジ諸島」はアニメオリジナルの地方なので、そこを今作では上手く活かしていたなと思います!

 

 

 

 

短編映画「ピカチュウたんけんたい」の感想です。

 

 ポケモンいっぱいの天国かな…

 最初から最後まで可愛い可愛いと心の中で連呼してました。ほのぼの→ハプニング→ハッピーエンドというありきたりな流れですが、割と本編並みにドキドキしました!

 

 

仲良し赤ちゃんズ 

 トゲピーとタマタマ。あるタマタマの巣には5匹しかおらず、そこにトゲピーが代わりに入っていたのが面白い。トゲピーが巣から出るとその後ろをタマタマ達が付いてくるのが可愛かったです!タマタマのぼよんというSEが楽しい♪

 

 

イケメンピカチュウ&カビゴン

 嵐に吹き飛ばされそうなみんなをがっちり支えてくれるカビゴンカッコいい!若干抜けてるとこがあるのも良いですwピカチュウは初期の頃から割とお兄ちゃんキャラだったんだ!

 

 

相変わらず声優が豪華!

 スタッフロールの感想。タマタマが三木さんなのが衝撃でした。

 パラセクトに勝平さんかw

ロケット団の声優は、ポケモン世界のどこにでも沸く…

本編にアーボックいたの?気づかなかった(゚ω゚)

 あと湯山監督懐かしいです(´ω`)

 

 

 

総評

ポケモンたちの可愛らしさと、ゆるいギャグでほのぼの出来て面白かった。

 

 

   長くなってしまいましたが…

 ここまで読んでくれた方、ありがとうございます! 

 

 

・おまけ。可愛いポケモンたち貼ります!

f:id:hihimanohuta:20200214092107j:plain

f:id:hihimanohuta:20200214092334j:plain

f:id:hihimanohuta:20200214092400j:plain

f:id:hihimanohuta:20200214092458j:plain

  

 ※追記: 本文中に誤字があったので編集しました。